カテゴリ:美術鑑賞( 17 )

インドネシアとフィリピンのテキスタイル

自由が丘の「岩立フォークテキスタイルミュージアム」を
久し振りに訪れました。

ここは、ビルの3階にあるミュージアムで、
ビルのデザイン、雰囲気も含め私の好きな場所です。

d0163622_1620454.jpg
d0163622_16202822.jpg
d0163622_16201499.jpg
d0163622_16195443.jpg
d0163622_16194215.jpg


今回のインドネシアとフィリピンのテキスタイル、
とっても見応えありました。
緻密な手仕事が布の格を上げています。

私は民族調のテキスタイルを見た時、
その緻密な幾何学や図像を
いつも記憶しようとするのですが、
不思議とぼんやりとしか頭に残らないのです。
素晴らしい柄の数々を沢山記憶したいのに。
ですが、感動はいつまでも心に残ります。

「インドネシアとフィリピン 島々の魅力」展は2012年5月5日まで
[PR]
by kauniskissa | 2012-05-04 16:41 | 美術鑑賞

品川へ

午前中、雨の中、品川方面へ。

原美術館の企画展
『ジャン=ミシェル オトニエル : マイ ウェイ』
行ってきました。

ガラスの詩情に、雨と光が相まって、心が洗われるよう。
ドローイングを観ていると、心の中の曖昧なものを形にする事が
どれだけ重要なことかわかる。

d0163622_15422995.jpg
d0163622_15421238.jpg
d0163622_1542089.jpg
d0163622_15413627.jpg



その後、港南口の喫茶店「ダリ」へ。

d0163622_1545227.jpg


独特の雰囲気とダリの絵。ここすごく面白い。
まったりとした時間を味わって満足。
[PR]
by kauniskissa | 2012-03-10 15:47 | 美術鑑賞

インスタイル・フォトグラフィー・センター

今日のお昼に、港区のインスタイル・フォトグラフィー・センターで開催されている、

The Emerging Photography Artist 2012展を観にいきました。

新人の写真作家さん達の作品は、なかなか素敵で、
この企画展のように、まだ無名に近い写真作家の作品が
手頃な値段で購入出来る試みは歓迎だなぁと思いました。
だけど「あ、これ欲しい!」と思ったものは非売品。
買えないもの程欲しくなる…そこが悩ましい。

それから、ギャラリーの企画展にしてはカタログがきちんとしていて、
紹介する新人さん達をしっかり世に出して行こうとする姿勢を感じました。

カタログを購入する時、受付の女性の方がやたら不慣れだったのは、
もしかして作家さん御本人だったのかしら?

来月3月4日までの開催。
d0163622_16125361.jpg
[PR]
by kauniskissa | 2012-02-26 16:17 | 美術鑑賞

ペイズリーの謎

今日は新宿に制作用の素材の買い出しへ。
西口と東口の周辺を歩いて、結構な距離になったろうな。


それと文化学園の博物館へ足をのばしました。

「ペイズリー文様 : 発生と展開」と題して、
17世紀〜現在までの作品を展示していました。

ペイズリー文様って最初は、素朴な花模様だったんですね。
それが時代を経て、段々と複雑化してくる様は凄く面白かった!

あの勾玉のような独特のパターンに至るまでの過程を理解出来た事で、
何だか人生の大きな謎がひとつ解けたような感覚に(笑)

来月14日(木)まで。

d0163622_21172591.jpg

[PR]
by kauniskissa | 2012-02-21 21:17 | 美術鑑賞

能って素敵♡

二日間続けてお能の展覧会を見に行きました。

一つは、日本橋の三井記念美術館「能面と能装束」展へ。
お能に関するものを拝見したのはこれが初めて。

名工の手になる能面は、時代を経て更に深みを増したのか、
生きているかのような気迫が素晴らしかったし、
楽しみにしていた能衣装は、色彩が綺麗!仕立てもいい!
所蔵品はどれも状態が良く、長い間、本当に大切に保管されて来たことを思わせます。
美術館の建築と合わせて、とにかく、見事だった〜!
d0163622_11422480.jpg



そして、次の日は大倉集古館へ。

ホテルオークラの正面にまるで竜宮城のような建物。
ここが美術館なんてとっても楽しい♡
d0163622_11463235.jpg

d0163622_11472326.jpg

d0163622_11474242.jpg

d0163622_1148118.jpg


写真は無いけど、内部の階段の手すりに居る狛犬がおデブで可愛いです。

さて、「彩り伝わる文様の世界」展へ。最終日でした。
大倉集古館所蔵の作品展で、こちらも凄かった〜!

能衣装の図案に合わせた解説を読みながら鑑賞出来たので、
有職文様に関する理解が進みました。幸せ♡
日本の伝統文化まだまだ知らない事ばかりです。


何故か二つの展覧会を観て、自分が生きている間にどれだけのものを
観ることが出来るんだろうと思いました。
日本の美術、世界の美術。
きっと、どんなに頑張ってもほんの少ししか観れないのだろうと。

d0163622_1223766.jpg

[PR]
by kauniskissa | 2011-12-20 12:10 | 美術鑑賞

岩立フォークテキスタイルミュージアム

今日は午前中に、岩立フォークテキスタイルミュージアムを訪問。
「パッチワークとアップリケ : 輝く色の重なり」展を鑑賞しました。


よく行く街の一角にこんな穴場があるなんて。
美術館が入っているビルのデザイン自体が、70年代風で面白いのに加えて、
壁面にフォークアートが。3階まで階段を上がるのが楽しい。

可愛い更紗模様のスリッパに履き替えて入り口を入ると、
70平米くらいの展示室に色とりどりの作品が。
インドから西側のアジアやアメリカのパッチワークやキルト達。
大きな壁掛けやベッドカバーのような平面作品はもちろん
コスチュームやアクセサリーにほどこされた針仕事も繊細かつ力強く見応え十分。

アフリカのコンゴで作られたンチャク(女性祭事用布)は
里文出版の「アフリカンデザイン」(渡辺公三、福田明夫/著)という本で
知っていたけど、まさかここで本物が見れるとは!良い出会いでした。

それにしてもこの幾何学と色彩の妙!!これを村の女性達が作ったんですからね・・・
いろいろと刺激を受けました。


今日は館長の岩立氏が、来館者に熱く作品について語っておられました。
「・・・彼らの血の中に文様が流れている。
民族の長い歴史の中で培われて来た文様に、個人が立ち向かえるわけがない・・・」
印象に残る言葉でした。

d0163622_16321440.jpg

[PR]
by kauniskissa | 2011-11-26 16:46 | 美術鑑賞

優しい花々

今日は、青山のスパイラルに石本藤雄さんの作品を観に行ってきました。
陶器の花を拝見するのは、2007年に白金台で開催された個展以来です。
壁面を飾るテキスタイルと陶板のほか、立体の造形もあり楽しめました。
土の力強さに、釉薬の優しさが相俟った、たおやかな花々。
マリメッコ時代のテキスタイルの花達が、
そのまま手触りを持って立ち上がったような感覚。
作られる方のお人柄を感じる静かで温かな空間にしばし浸りました。




d0163622_18392950.jpg
[PR]
by kauniskissa | 2010-06-27 18:49 | 美術鑑賞


テキスタイル デザイナーomiraのブログ


by kauniskissa

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

風に舞うコンフェッティのピアス
at 2016-08-20 10:34
箱義桐箱店 夏の展示会2日目
at 2016-07-18 08:40
箱義桐箱店・夏の展示始まりま..
at 2016-07-17 08:43
2016年 明けましておめで..
at 2016-01-03 18:22
箱義桐箱店・冬の展示レポート..
at 2015-11-24 20:46

以前の記事

2016年 08月
2016年 07月
2016年 01月
2015年 11月
2015年 08月
more...

カテゴリ

全体
Omira textile design
美術鑑賞
切手紹介
日々のこと
未分類

フォロー中のブログ

Journal de C...

外部リンク

その他のジャンル